Brillia有明シティタワー ブリリア有明シティタワー 公式サイト

TOP>デザイン>デザイン

Design デザイン

繊細さをまとったシンプルモダン。

エントランスホール

Entrance Hallエントランスホール

共用部のデザインはすべてが自然をモチーフにしています。外と内を隔てるのではなく、外に広がる緑の潤いと内なる空間を美しく調和させることを目指しデザインされています。その象徴的な存在が、エントランスに入ると大きな開口部をバックに鎮座する、光を内包したシンボルツリーです。天と地が光で結ばれたかのようなホワイトのオブジェ。日々目にする光景として、時にモチベーションとなり、時にやすらぎとなります。

エントランスラウンジ

Entrance Loungeエントランスラウンジ

エントランスホールを抜けるとミストの森をイメージした、フリンジカーテンをあしらったエントランスラウンジが現れます。白を基調とした空間は、光の度合いや風の揺らぎで優しく表情を変えるフリンジカーテンが重なり、窓一面に映るオーバルガーデンやオーバルボスクの緑と鮮やかなコントラストを描いています。大切なお客様をモダンなインテリアとみずみずしい植栽とともにもてなせます。

エレベーターホール

Elevator Hallエレベーターホール

幻想的な樹木を想わせる真っ白な柱が印象的なエレベーターホール。住まいにたどり着くまでのいくつものシークエンスが、日常を華やかに演出してくれます。

ママズラウンジ&キッズルーム

Mama's Lounge & Kid's Roomママズラウンジ&キッズルーム

子育ては多くの歓びを与えてくれ、子どもの成長はもとより、子育てを通じた親同士のつながりも育んでくれます。ブリリア有明シティタワーでは、1階北東コーナーにママズラウンジ&キッズルームが設置されています。窓からはオーバルガーデンの芝生とともに庭の大樹が臨める清々しい空間。明るく開放的な雰囲気の中、子育て家族が気軽に集い、日々の歓びをシェアできます。

オーナーを迎えるラグジュアリーな共用空間

居住者を癒しと共に格調高く迎え入れるために、共用空間には時間を超越した別世界を求めて設計されました。フィーチャーしたのは、世界の一流ブランド店を手がけ、時代の潮流に乗るデザイン集団「ギャルド」。光を内包したホワイトのシンボルツリーが出迎えるエントランスホールやフリンジカーテンが幻想的な空間を際立たせるエントランスラウンジ。その先には真っ白な森に迷い込んだかのようなエレベーターホールが待ち受けます。ブリリア有明シティタワーには、住まいにたどり着く前にも、くつろぎ空間が広がっています。斬新にして温かい雰囲気の意匠に、居住者はときめき、そして深い安らぎに包まれます。

共用部デザイン監修|株式会社ギャルド ユウ・エス・ビイ|PROFILE:1985年に創業されたギャルドは日本を代表する商業施設の企画・設計・コンサルティング会社で、BVLGARI、BOTTEGA VENETA、BARNEYS NEW YORK、DOLCE&GABBANAなど、世界一流ブランドの店舗を手掛けるクリエイティブ集団。|執行役員 兼 デザイン事業部 梶原 章
ブリリア有明シティタワー 外観

新しいランドマークは、伸びやかに天空へ向かう

臨海副都心・有明に存するブリリア有明シティタワー。全600邸という圧倒的な存在感とともに、背景となる自然と調和するやさしさのある外観デザインが追及されています。スパイラル状に建物の周囲をブルーのスリットで囲み、全体の軽快感や清涼感、浮遊感を演出。外壁はグレーのグラデーションとすることでタワーマンションの伸びやかさや安定感を表現しています。デザインへの細部までのこだわりが洗練のフォルムを形成しています。

立面概念図