Brillia有明シティタワー ブリリア有明シティタワー 公式サイト

TOP>ニュース・ブログ>『防災訓練及び防災設備ツアーを実施しました。』

News & Blog ニュース・ブログ

『防災訓練及び防災設備ツアーを実施しました。』

2018年02月05日(月) ブリリア有明CityTower防災委員会

みなさん、こんにちは。ブリリア有明City Tower災害協力隊です。
2月1日〜3日にかけて、防災訓練及び防災設備ツアーを行いました。延べ人数約150名と、前回の半数ほどのご参加とはなりましたが、じっくり交流しながら開催でき、より濃厚な交流が図れたのではないかと思っております。


20180205-20180203 防災訓練_180205_0035.jpg


20180205-20180203 防災訓練_180205_0031.jpg


訓練時、2/2は1階キッズルームにて深川消防署有明分署様のご支援を受けて「乳幼児心肺蘇生法及び誤飲防止について」のお話と実演、2/3は綜合警備保障(株)(ALSOK)様のご支援を受けてAED訓練、33階バーラウンジにて振る舞い(お汁粉と甘酒)と居住者交流を行いました。


20180205-26630.jpg


20180205-20180203 防災訓練_180205_0002.jpg


今回も、当マンション災害協力隊が企画運営を、管理組合理事会からのご支援、管理会社である住友不動産建物サービス(株)様の全面協力、東京建物不動産販売(株)湾岸支店様からの参加記念品のご支援を頂きました。


「災害は日頃からの備えが大切」とよく聞きますが、今回、防災備蓄や設備をご覧いただいたのは、居住者の皆様に安心してほしいということではありません。
私どものマンションは有明でも数少ない《免震構造》ですから、マンション自体の被害は最小限で済むかもしれません。そのため災害時は自宅待機を余儀なくされることと思います。マンホールトイレは1階外にありますが、お手洗いに行くたびにご自宅の階から1階に行くのは大変です。各戸においても非常用トイレ(凝固剤など)をご用意してほしいと考えております。また、免震装置などをご覧いただきましたが、その構造を知ることにより、揺れの衝撃を一手に受ける箇所からは離れていただきたいことなどもお伝えしました。災害時に利用する設備や場所を知っていただき、いざという時に災害協力隊や管理会社だけではなく、皆様にも積極的にご活躍していただきたいと思い、ご案内しました。日頃からの備えのひとつとして、「居住者間交流」も重視させていただいております。災害時の運営がスムーズになることも災害を支える大きな力です。
今回、班別に施設ツアーを行い、災害協力隊隊員がご案内しました。今後も積極的に皆様と共に活動していきたいと考えております。


20180205-20180203 防災訓練_180205_0021.jpg


20180205-20180203 防災訓練_180205_0008.jpg


《小さな輪がたくさん重なって大きな輪になる》
今後は、ヒーリングスタジオ検討委員会が発足しますので、そちらでも「居住者間交流」について、居住者の皆様や管理組合と連携した活動を行っていきます。