Brillia有明シティタワー ブリリア有明シティタワー 公式サイト

TOP>ニュース・ブログ>避難訓練だけで終わらない……。冬の防災訓練を開催しました

News & Blog ニュース・ブログ

避難訓練だけで終わらない……。冬の防災訓練を開催しました

2019年02月24日(日) Website運営委員会

ブリリア有明シティタワーでは2月23日、冬の防災訓練を行いました。準備等の兼ね合いで告知が遅くなってしまったにもかかわらず、150名ほどの住人が参加しました。


午前10時――。「33階のキッチンスタジオで火災が発生した」という想定のもと、各戸内に訓練開始の放送が流れました。各自、1階グランドロビーを目掛けて避難を開始します。普段はあまり使われることのない階段に、急いで降りていく住人の足音が響き渡ります。


避難訓練が終わると33階の共用スペースに場所を移し、防災知識の向上に役立つ講習会を中心に様々なイベントを開催しました。ちょうど一昨日にメインラウンジの家具を入れ替えましたので、そのお披露目会も兼ねたイベントとなりました!


中でも、最も反響が大きかったのが、非営利型一般社団法人ファストエイド代表理事の小澤先生を招いた「ペットボトルで心肺蘇生訓練」と題した講習会。ペットボトルというごく身近にあるものを使い、心肺蘇生の訓練をしました。また、家族を守るお助けアプリ「Coaido119(コエイドイチイチキュー)」も紹介されました。当日夜、小澤先生が日テレ系列のテレビ番組「世界一受けたい授業」に当アプリの紹介でVTR出演されるということもあり、参加した住民も興味津々! 今回、学んだことをいざという時に発揮できるようにしたいですね。


null
 

null
 

null
 


また、当マンションの定番イベントとなった「おしゃべり交流会」も防災訓練に合わせて開催。一緒に振る舞われた甘酒やお汁粉を飲みながら、避難所などで役に立つ「折り紙でお皿」を製作しました。様々な年齢の住人が会話を楽しみ、自分たちで作った可愛いお皿に満足した様子が見られました。
 

null
※ メインラウンジの1/3はソファーに入れ替え、ゆっくりとくつろげるようになりました!
 
そして、「ペットの防災」と題した体験談にも注目が集まりました。「ペットも家族」という考えの住人も多い中、その大事な家族の防災対策は、意外と見落とされがち。そこで、当マンション災害協力隊長が東日本大地震の時に実家にて体験したことを基に、ペットの防災備蓄、ペットと避難所への同行避難した場合の扱い、日頃からの備え、マンション内でのコミュニケーションの大切さなどをお話しました。


今回、参加した住人から沢山のご意見やご要望をいただきました。それらを踏まえ、今後の訓練などに活かして行こうと思います。


null



━━━━━━━━━━━
Facebookでも最新情報を発信中!
フォロー宜しくお願いいたします。
https://www.facebook.com/bac.tokyo/