Brillia有明シティタワー ブリリア有明シティタワー 公式サイト

TOP>ニュース・ブログ>【そうだ、有明に住もう!】Vol.3 買い物編

News & Blog ニュース・ブログ

【そうだ、有明に住もう!】Vol.3 買い物編

2017年10月23日(月) Website運営委員会

前回までは、有明の交通事情について住民目線でお伝えしてきましたが、今回からはより生活に密着した話題を取り上げていきたいと思います。今回のテーマは、「買い物」です。一言で「買い物」と言っても、食料品もあれば、雑貨や衣類など様々なものがありますが、普段の生活に必要な、食品や日用品にターゲットを絞って、皆様にお伝えします。
 
  
有明住民の台所「文化堂」


お隣のマンションである「ブリリア有明スカイタワー」の1Fには、「文化堂」というスーパーマーケットが併設されています。「ブリリア有明シティタワー」の住民なら、恐らくこちらのスーパーを利用されている方が多いと思います。生鮮食品はもちろんのこと、多少の雑貨やアルコール飲料まで幅広く取り扱っていますが、品揃えというと、満足されていない住民が多いのではないでしょうか?どうしても売り場面積が限られますので、大きなスーパーと比べてしまうと、少し見劣りしてしまいますが、日常の買い物であれば十分ですね。


「有明には、『文化堂』しかないの?」という声が聞こえてきそうですが、残念ながらその通りです。


ただ、現在建築中の「シティタワーズ東京ベイ」には、大型のスーパーが入ることが予定されており、ますます便利な街になるでしょう。また、お台場駅に直結した「マルエツ」や、ザ・タワーズ台場の1Fには、現在「オーケーストアお台場店」が建設中で12月上旬のオープン予定となっております。また、豊洲まで足を伸ばすと複数のスーパーがありますし、東雲には大きな「イオン」がありますので、、住民の皆さんは用途によって使い分けているかと思われます。


我が家も、普段の買い物はもちろん「文化堂」が多いですが、週末になると「アーバンドック ららぽーと豊洲」に併設されている「フードストアあおき」や東雲の「イオン」に、車や自転車で買い物へ行くことが多いです。豊洲にある「ららぽーと」や「ビバホーム」、東雲の「イオン」まで行けば、生鮮食品から日用品、衣類や電化製品など様々なものを買うことができますよ。


null


 
 
やはりネットスーパーの利用が多い?


「ブリリア有明シティタワー」には、貨物用のエレベータが2基あるのですが、夕方から夜にかけては、ネットスーパーの宅配が目立ちます。「生協」や「イオン」「SEIYU」など、いろいろな業者の方が、せわしなく各住戸に荷物を運んでいる様子が伺えます。当然ながら我が家も複数のネットスーパーと契約しており、週に何度か宅配してもらっています。特に、水やお米、ビールのまとめ買いなど、重たいものを買うときなどは非常に便利ですよね。


有明には、所謂、下町のような商店街がありません。「有明北地区まちづくりガイドライン」を見る限り、そのような小規模の店舗はそもそも建設できない計画となっています。ですので、下町情緒がお好きな方は、どうしても違和感を覚えてしまうと思います。


ただ、ネットスーパーや「Amazon」「楽天」といったインターネット通販サイトの利用が多くなるなかで、皆さんの買い物スタイルもだんだん変わってきているのではないでしょうか?




今のところ、決して便利な街とは言えませんが、それを凌駕する魅力がこの街にはあると思います。「シティタワーズ東京ベイ」が完成すれば、アーバンドック ららぽーと豊洲規模のショッピングモールも併設されます。そして、豊洲新市場が開場すれば、ますます便利な街となるでしょう。


そんな魅力ある街、「有明」で生活してみませんか?

▶ ブログ一覧を全て見る